【重要】今週公開された新ツールを使ってみました。結論はとても良かったです。

こんばんは!
今日は新しいツールを個人的に使ってみて、かなり凄いツールだったのでそれについて紹介したいと思います。


正直なところ私はブログでこういったことを宣伝したり、なんかこう商品を押し売ったりするような記事はちょっと抵抗があったので、最初は気が進まなかったんですが、今日自分でツールを使ってみて本当に優れていたので、その感想とメリット/デメリットとかを包み隠さず率直に記事にしたいと思います。

結論から言ってしまうと本当に良かったです。
自分で記事書いていてこの時点でなんか胡散臭さが出てるような気がしてなんか抵抗あります笑

ただ、今日は1日試しで使ってみて、本当にとても良かったので私のブログを見に来てくれる人にも紹介したいと思って記事を書きました。


経緯

まず経緯としては、私のブログはまだ初めて2ヶ月も立っておらず、記事もあんまり更新できていないのですが、2週間近く前にメールであるツールを使ってみて欲しい、良かったら宣伝してください。

ってメールが来ました。

なんとなくですがこの世界でツールって胡散臭いというか、自分的にはかなり抵抗があったんですが、開発者が

「布施さん」

だったんですね。それを後から気づいて急遽使ってみることにしました。

布施さんは

「Amacode」

の開発者です。
私のブログを見に来てくれる方はこれでおそらく95%は伝わるかなと思います。
もし知らない人がいましたらすいません、Amacodeでググってみてください( ・ᴗ・ )/


ツール

動画の埋め込み方覚えました( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )

ツールの申し込みページ

↑でツールの概要とツールの申し込みができます。
あ、でも私が使ってみた感想や「メリット」「デメリット」も書いたので是非読んでみてください( ・ᴗ・ )/
先に一つだけお伝えすると、「完全永久無料」です。

デメリット

まずはデメリットから書いていこうと思います。
これも結論から言ってしまうと、使用してみて感じたデメリットはこれくらいで、その他はもうかなり満足できる内容でした。

個人的に感じた大きなデメリットは1つです。

Amazon MWS に開発者登録をしないといけないこと!

です。
「プライスター 」や「せどりすと」なんかを使ってる人がいたらご存知かもしれないですが、Amazonのデータと連携するツールなので、自分のAmazon Sellerアカウントの開発者アクセス権限にこのオートツールを追加しなくてはいけません。

どういう意味かというと、開発者が自分の在庫状況や、出品履歴なんかをデータとして取得できてしまうので、これが一番のデメリットだと思います。

私はプライスター を使っていて既にプライスター にも権限を付与していて、Amacodeもずっと使ってきているツールだったので、特に深く考えず権限を付与しましたが、ここに抵抗ある方はやらない方がよいかなと個人的に思います。
新しいツールですしね。

後1つは、楽天とYahooの商品情報にJANコードが設定されていない場合、比較商品から漏れるため完全に完璧ではない。
事くらいですね、ただこれに関しては私も一応Webエンジニアなんですが、ここを漏らさず完璧に比較させることは現時点で楽天やYahooの会社に協力(厳密には出店しているお店側)してもらわない限り不可能なので、しょうがないです。


この内容で抵抗がそこまでない場合は登録して損はないと思います。

メリット

圧倒的でした。

ツールの申し込みページ

ここにツールについての概要の説明がありますが、本当にストアを登録するとJANコードの設定がある商品はそのSHOP内で全て検索にかけられ、ジャンルや差額、除外キーワード/キーワード、様々な並び替え

と至れり尽くせりでした。
正直今までやってたリサーチがなんだったのかと思うくらいです。。。

他には
「完全永久無料」
「登録個人情報がメールアドレス程度」
「すぐにツールを利用できた」


まとめ

いきなりメールでツールを使ってみてくださいなんて連絡が来て、ずっと不安と胡散臭さがあって使ってなかったですが、いざ使ってみたらめちゃくちゃすごいツールでした。



以上です!
もしツール使ってみて良かったら私のブログ「お問い合わせ」ができるので私に連絡くださいw(●^∀^●)w

もし逆に全然ダメでも連絡は大歓迎です!
私はこのツールに一切関わってないので、全然ダメじゃんって連絡が来てもどうしようもできないですが笑

ブログって孤独というか、一方的に情報を発信してるだけでみてくれている人のことがわからないので連絡は嬉しいです。